マグノリア

アロマ名

マグノリア

原産国

中国

学名

Michelia grandiflora

抽出部位

抽出法

水蒸気蒸留

香調

フローラル

ノート

ミドルノート

香りの強さ

希釈率

10%


グリーンアップのようなトップノート、ややハーバルとフローラルの香りが混ざった香りです。
1グラムを得るために、 5キロの原材料を要する大変貴重なアロマです。
マグノリア精油は安心感をもたらす香りで、主に消化器系に良いとされ、低体温の方や食欲がない時に役立ちます。

・マグノリア精油とは
マグノリア精油はエキゾチックな香りで、ジャスミン、ネロリ、レモンなどの香りを伴う精油です。
マグノリアの樹高は10mlになり、主に原産国は東南アジア地方で、白色な可愛い花を咲かせます。
中国ではマグノリアの花を薬の代わりにすることから特に慢性気管支炎などに効果があるようです。
マグノリアは華やかな香りで上品な雰囲気なので、フローラル系の香水原料としてよく使われています。
最近では香水の他にもフレグランスやアロマなど自宅で楽しむグッズとしても販売されています。
また入浴時にも使える精油で、お風呂に直接精油を入れることでも楽しむことができるのです。
ローズ系と同じく大量の花からでも少ししか取れないことから非常に高価な精油でもあります。
最近では、マグノリア精油は練り香水などで使用されているようです。
また個性的な香りがするマグノリア精油は石鹸などにも使用されていることでも有名です。

・マグノリア精油の効能とは
マグノリア精油は女性の魅力引き立たせる力があり、特に気持ちが落ち込んだ時に高揚感をもたらしてくれます。
マグノリア精油の主な特徴は気持ちを落ち着ける作用が働くので、ストレスを溜めこみすぎてしまう現代人にとっては欠かせない精油ではないでしょうか。
また頭痛を和らげてくれますし、女性の方なら美肌効果や肌荒れ予防にもなります。
シミやそばかすなどにも良いので美肌効果も期待できることから、スキンケア商品にも使われています。
そしてアジアを中心に昔からマグノリア精油は呼吸器のトラブルなどでも役立つと言われています。


香りにこだわる方へ

香りの知識、調香経験をもとに皆様のお役に立てる香水、シャンプーなどのいい香りでウキウキ、ドキドキする日常を願います。少しずつですがオススメの香り、レシピ、ニッチフレフランス、美しい香水瓶、最新の香水などを更新していきます。最新の情報はkindleアプリのライブラリを更新するか、再度kindleコンテンツから再ダンロードしますとできます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版

kindle unlimited会員の方は無料で読み放題です。


調香師が教えるアロマで香調別香水作り

調香師が教えるアロマで香調別香水作り。若々しい、爽快感、活発的なシトラスの香り、女性らしい、華やかなフローラルの香り、エレガント、洗練されたシプレーの香り、深み、上品なフゼアの香り、情熱、セクシーなオリエンタルな香りを作れます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版



kindle English Edition


調香師が教えるアロマで香水作り


調香師が教えるアロマで香水作り。 アロマで楽しく香りを作れるための技術を公開しています。 自分の好きなアロマをブレンドしていけば、きっと驚きと、香りの奥深さを味わえます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版

kindle unlimited会員の方は無料で読み放題です。

Members only page

ログイン

カテゴリー

アロマ・無料レシピ