アロマ名

コニャック

原産国

フランス

学名

Vitis vinifera

抽出部位

水蒸気蒸留

抽出法

香調

アルコール

ノート

ミドルノート

香りの強さ

希釈率

1%


コニャック精油は濃厚なブランデーやワインなどのお酒の香りを放つ精油です。
別名コニャック精油はワインリースオイルとも呼ばれており、日本酒の酒粕にとてもよく似ていると言われています。
そんな高級感漂う香りのコニャック精油について調べてみました。

・コニャック精油とは
コニャック精油は単独だけですと、香りが強く酔ってしまうのでブレンドに極少量1%以下を加えることで、ワインの発酵時に出る複雑な香りに厚みが出るので良いそうです。
とても貴重で特殊な精油なのですが、高級な香水に使われたり、ブレンドオイルなどにも使用されます。
コニャック精油を香水にしているブランドもありますが、大人な香りを放つ高級感ある香りになるようでうす。
香りはややツンとした香りで少々人を酔わすような香りを持っているので好き嫌いは分かれます。
ブランデーはそもそもワインを蒸留したお酒なのですが、このブランデーの中にもコニャック地方で作られた品質の良いブランデーのみがコニャックと名乗ることができるようです。
コニャックに似て人を酔わせる香りには他にもダヴァナ精油と呼ばれる精油がありますが、こちらはリキュール酒に似ているようです。

・コニャック精油の特徴
コニャック精油はフランス原産のブランデーで知られているブドウの木から採取された精油です。
私たちの身近なワインに似ている香りでものによっては芳醇でフルー ティーな香りがしてきます。
コニャック精油にはその他にもグリーンコニャックなどがあり、コニャックを作る時と同じブドウを水蒸気蒸留したものとなります。
近年では香水の原料やフレーヴァーなどにも使用されていて、芳醇な香りは大人の方向けの香料や香水で使用され、とてもリッチな香りなのです。
相性が良いブレンドにはベルガモット、クラリセージ、コリアンダー、ライム、オレンジ、ガルバナムなどがあります。
またコニャック精油の抽出部位はブドウ酒粕となり、香りの系統はアルコール系なのでお酒が弱い方にとっては若干キツイ香りとなっています。


香りにこだわる方へ

香りの知識、調香経験をもとに皆様のお役に立てる香水、シャンプーなどのいい香りでウキウキ、ドキドキする日常を願います。少しずつですがオススメの香り、レシピ、ニッチフレフランス、美しい香水瓶、最新の香水などを更新していきます。最新の情報はkindleアプリのライブラリを更新するか、再度kindleコンテンツから再ダンロードしますとできます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版

kindle unlimited会員の方は無料で読み放題です。


調香師が教えるアロマで香調別香水作り

調香師が教えるアロマで香調別香水作り。若々しい、爽快感、活発的なシトラスの香り、女性らしい、華やかなフローラルの香り、エレガント、洗練されたシプレーの香り、深み、上品なフゼアの香り、情熱、セクシーなオリエンタルな香りを作れます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版



kindle English Edition


調香師が教えるアロマで香水作り


調香師が教えるアロマで香水作り。 アロマで楽しく香りを作れるための技術を公開しています。 自分の好きなアロマをブレンドしていけば、きっと驚きと、香りの奥深さを味わえます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版

kindle unlimited会員の方は無料で読み放題です。

Members only page

ログイン

カテゴリー

アロマ・無料レシピ