バレリアン

アロマ名

バレリアン

原産国

中国

学名

Valeriana officinalis

抽出部位

水蒸気蒸留

抽出法

香調

ウッディー

ノート

ラストノート

香りの強さ

希釈率

10%


甘く苦いウッディ、バルサム調の香りがします。
バレリアンはオミナエシ科の多年草で、欧米などではサプリメントやハーブティーとしてもよく使用されています。古代から眠りを誘うハーブとしても重宝されてきました。

・神経の高ぶりに効果的
バレリアンはグリーン調の香りの後に温かいムスク系の香りがするアロマです。
バレリアンにはαピネンが含まれているので森林浴の作用があり、非常にリラックスできる精油になります。
心に関しての作用は多く、特に神経が高ぶっているヒステリーやイライラ、感情のコントロールができない時に使うと落ち着きを取り戻せるでしょう。
また過去のトラウマにも効果的だとされています。
体への作用についても抗ヒステリー作用や抗けいれん作用があるので、神経的な症状であるめまいやひきつけ、てんかんといった症状に効果があります。
筋肉のけいれん防止、高血圧のケアなどと共に食欲を促進させる作用もあります。
こういったイライラを防ぎ、さらに全体的にリラックスできる精油となっています。
皮膚に関しては殺菌作用などに優れてはいるのですが、スキンケアなどには使わない精油となっています。
トリートメントやアロマバスなどでは使用しません。

・炎症を起こす恐れがあるので注意が必要
バレリアンと相性が良いのは樹木系になります。
バレリアンは単体でも個性的でクセがある香りが特徴ですから、好みの香りの精油と一緒に使う方が良いでしょう。
シダーウッドやティーツリー、ユーカリとのブレンドがおすすめです。
凝り固まった体をほぐすにはフランキンセンスと相性が良いでしょう。
女性特有の症状にも効果的で、イランイランと合わせるとPMSや月経トラブルに使えます。
バレリアンは殺菌作用があるものの、皮膚への使用で逆に炎症を起こしてしまう可能性があるとされている精油です。
基本的にスキンケアとしては使えないと覚えておきましょう。
高濃度や、長期的に使用すると偏頭痛などの症状が見られる場合があるため、量や年数には気をつけましょう。
また、バレリアンは妊娠中や授乳中の使用はできませんので注意が必要です。
オリエンタル、ハーバル調の香りにブレンドします。

香りにこだわる方へ

香りの知識、調香経験をもとに皆様のお役に立てる香水、シャンプーなどのいい香りでウキウキ、ドキドキする日常を願います。少しずつですがオススメの香り、レシピ、ニッチフレフランス、美しい香水瓶、最新の香水などを更新していきます。最新の情報はkindleアプリのライブラリを更新するか、再度kindleコンテンツから再ダンロードしますとできます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版

kindle unlimited会員の方は無料で読み放題です。


調香師が教えるアロマで香調別香水作り

調香師が教えるアロマで香調別香水作り。若々しい、爽快感、活発的なシトラスの香り、女性らしい、華やかなフローラルの香り、エレガント、洗練されたシプレーの香り、深み、上品なフゼアの香り、情熱、セクシーなオリエンタルな香りを作れます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版



kindle English Edition


調香師が教えるアロマで香水作り


調香師が教えるアロマで香水作り。 アロマで楽しく香りを作れるための技術を公開しています。 自分の好きなアロマをブレンドしていけば、きっと驚きと、香りの奥深さを味わえます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版

kindle unlimited会員の方は無料で読み放題です。

Members only page

ログイン

カテゴリー

アロマ・無料レシピ