ミルラ

アロマ名

ミルラ

原産国

ソマリア

学名

Commiphora myrrha

抽出部位

樹脂

抽出法

水蒸気蒸留

香調

バルサミック

ノート

ラストノート

香りの強さ

希釈率

10%


ミルラはカンラン科の樹木から樹液を採取し、それが固まった状態のものから抽出される精油です。
4000年も前の古代から医薬品や漢方薬、軟膏の成分や止血薬として重宝されたものです。

・昔から医薬品とも言われてきた精油
ミルラは系統で言えば樹脂系になり、甘みと苦みの香りが混ざってややスモーキーな香りが特徴です。
心への作用ですが、高揚感と癒しどちらも与えてくれるバランスのとれた作用があります。
何か目標を持ってそこに進んでいても、気持ちが追いつかず疲れる時、ありますね。
そんな時に落ち着かせてくれ、自分を取り戻してくれる働きを持っています。
体への効果には抗菌、抗感染症作用があるので傷、特に治りにくい場合に非常に役立ちます。
口内や喉の炎症にも効くので口内炎や気管支炎にも期待できます。
抗感染症作用には風邪や体調不良の回復を早める働きもあります。
また、健胃効果にも優れており消化器系の不調からくる口臭のケアにも使う事ができます。
肌への作用も非常に多く、水虫や乾燥によるあかぎれやひび割れの保護に優れた効果を発揮します。
かゆみや痛み、皮膚全体の不調に使うと良いでしょう。

・固まりやすいので取り扱いには注意
ミルラと相性の良いのはオリエンタル系や同じ樹脂、樹木系の精油が良いでしょう。
樹脂、樹木系は香りが重くベースノートの精油が多いので、これらは香りが長持ちします。
ミルラも粘度が高く香りを長く楽しめる特徴があります。
口臭を予防したいならペパーミントなど爽やかな香りと合わせると良いでしょう。
また、パチュリやフランキンセンスとのブレンドも良く合います。
特にパチュリと合わせる事で、傷の修復作用が高まり古傷の緩和に使えます。
ミルラは赤褐色の色が特徴で、衣服に着くと取れませんので注意が必要です。
また、蒸発していくと固まる性質があるので購入する時は少量ずつ買いましょう。
また、精油の瓶のフタが開きにくくなるので定期的にフタの開け閉めをする事をおすすめします。
妊娠中や授乳中は使えない精油になります。



香りにこだわる方へ

香りの知識、調香経験をもとに皆様のお役に立てる香水、シャンプーなどのいい香りでウキウキ、ドキドキする日常を願います。少しずつですがオススメの香り、レシピ、ニッチフレフランス、美しい香水瓶、最新の香水などを更新していきます。最新の情報はkindleアプリのライブラリを更新するか、再度kindleコンテンツから再ダンロードしますとできます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版

kindle unlimited会員の方は無料で読み放題です。


調香師が教えるアロマで香調別香水作り

調香師が教えるアロマで香調別香水作り。若々しい、爽快感、活発的なシトラスの香り、女性らしい、華やかなフローラルの香り、エレガント、洗練されたシプレーの香り、深み、上品なフゼアの香り、情熱、セクシーなオリエンタルな香りを作れます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版



kindle English Edition


調香師が教えるアロマで香水作り


調香師が教えるアロマで香水作り。 アロマで楽しく香りを作れるための技術を公開しています。 自分の好きなアロマをブレンドしていけば、きっと驚きと、香りの奥深さを味わえます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版

kindle unlimited会員の方は無料で読み放題です。

Members only page

ログイン

カテゴリー

アロマ・無料レシピ