ミモザ
 

アロマ名

ミモザ

原産国

フランス
インド

学名

Acacia decurrens

抽出部位

抽出法

溶剤抽出

香調

フローラル

ノート

ラストノート

香りの強さ

希釈率

5%


ミモザはマメ科アカシア属の花から抽出させた香りで、溶剤抽出にて香りを取ります。
溶剤抽出で抽出するアロマはとれる量が非常に少ないのが特徴ですので、基本的に価値も高くなります。
粘度が高いオイルなので、単体よりもブレンドとして使う事が多い精油です。

・香水や化粧品に使われている高級な香り
ミモザはフローラル系の精油で、非常に花の良い香りとセクシーさをまとった、パウダリーな香りになります。
香りが少量でも強いので、単体よりも香水や化粧品の一部に配合する精油になります。
心への作用は安心感を高めて、傷ついた心を癒してくれる効果があります。
体への作用はストレスから引き起こされる不調全般に効果があります。
精神からくるうつ病にも効果的ですが、体に使うと言うよりも、基本的に芳香を楽しむ香りです。
消毒作用も高いと言われており、肌を清潔にする働きがあります。
スキンケアについては、油性肌に効果がありニキビがよくできてしまう肌に向いています。
また、収斂作用もあるので毛穴が開いてしまっている肌にも優れた効果をもたらします。
肌のターンオーバーを促進させる働きも持っていますので肌を健やかに保つのですが、あまり直接肌に使用する目的の精油ではありません。

・刺激があるので原液を直接肌にはつけません
ミモザは同じフローラル系や柑橘系の精油と相性が良いです。
ローズと合わせるとより高級な香りが楽しめますし、ミモザの甘さが苦手であればレモンなどのさっぱりした香りとのブレンドも爽やかさがプラスされるでしょう。
ミモザは基本的に芳香がメインの精油です。
体やスキンケアにも効能は持っていますが、刺激が強く、また粘度も高いので肌に直接使うという事はおすすめしません。
化粧水を作る時に、香りづけの一部として配合したり芳香浴として香りを楽しみたい時、入浴の際に少量で使うといった使い方をしてください。
多量に使うと刺激的でよくないので気をつけましょう。

高級感、甘いフローラルな香りにしたいときにブレンドします。


香りにこだわる方へ

香りの知識、調香経験をもとに皆様のお役に立てる香水、シャンプーなどのいい香りでウキウキ、ドキドキする日常を願います。少しずつですがオススメの香り、レシピ、ニッチフレフランス、美しい香水瓶、最新の香水などを更新していきます。最新の情報はkindleアプリのライブラリを更新するか、再度kindleコンテンツから再ダンロードしますとできます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版

kindle unlimited会員の方は無料で読み放題です。


調香師が教えるアロマで香調別香水作り

調香師が教えるアロマで香調別香水作り。若々しい、爽快感、活発的なシトラスの香り、女性らしい、華やかなフローラルの香り、エレガント、洗練されたシプレーの香り、深み、上品なフゼアの香り、情熱、セクシーなオリエンタルな香りを作れます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版



kindle English Edition


調香師が教えるアロマで香水作り


調香師が教えるアロマで香水作り。 アロマで楽しく香りを作れるための技術を公開しています。 自分の好きなアロマをブレンドしていけば、きっと驚きと、香りの奥深さを味わえます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版

kindle unlimited会員の方は無料で読み放題です。

Members only page

ログイン

カテゴリー

アロマ・無料レシピ