ブラックペッパー

アロマ名

ブラックペッパー

原産国

マダガスカル
スリランカ
インド

学名

Piper nigrum

抽出部位

抽出法

水蒸気蒸留

香調

スパイシー

ノート

ミドルノート

香りの強さ

希釈率

10%
1%


ブラックペッパーは4000年以上も前の中国から使用されてきたスパイスで、日本でも馴染みのあるスパイスで、料理だけでなく、精油としても幅広い効能を持っています。

・やる気と活力を与えてくれる精油
ブラックペッパーの精油はあのお馴染みのドライでシャープさが際立つスパイスの香りです。
精神的な作用は何でも最後までやり遂げられない中途半端な心の動きに効果があります。
また、人任せ、無気力ややる気が出ない時に使うと責任感や活力を与えてくれます。
体への作用で特に優れているのが体を温める働きです。
手先、足先といった末梢神経の血管まで血流を促進してくれるので、冷え性で悩んでいる方にはぴったりの精油になります。
また食欲を沸かせる働きや消化器系の強壮、意外ですが胃粘膜の保護にも効果が期待できます。
さらにリンパの流れの滞りにも効果があるのでダイエットにも向いています。
スキンケアとして使うには刺激性があるのですが、温める作用があるので、慢性的な腰痛や関節痛に使うと良いでしょう。
また、芳香浴や手浴などにも効果がありますが、刺激が強いので少量をおすすめします。

・刺激性があるので注意
ブラックペッパーと相性が良いのはハーブ系や同じスパイス系、柑橘系になります。
ブラックペッパーはテンションを上げる作用なのですが、精神の安定さをより求める場合は樹脂系のフランキンセンスと相性が良いでしょう。
フランキンセンスは甘くまったりとした香りですから、丁度良いバランスのアロマオイルが楽しめます。
活力をさらに高めてやる気を出したい場合はレモンやユーカリと合わせると、より爽やかさを演出できます。
ブラックペッパーは皮膚への刺激が強いので芳香浴や手浴などを行う時は低濃度を守りましょう。
また、刺激が強いので妊娠中の初期は使う事ができません。
さらに腎臓を刺激する働きを持っていますので、腎臓に持病のある方は使用を控えましょう。
長年にわたって使用する事も避けたい精油ですので、短期間の使用をおすすめします。

ブレンド
ピリッとしたインパクトある香りと、多少清涼感のある香りのため、シトラスとも相性が良いです。
大人っぽいイメージ、オリエンタルな香りにしたいとき、特徴的な香りにしたいときにブレンドします。

香りにこだわる方へ

香りの知識、調香経験をもとに皆様のお役に立てる香水、シャンプーなどのいい香りでウキウキ、ドキドキする日常を願います。少しずつですがオススメの香り、レシピ、ニッチフレフランス、美しい香水瓶、最新の香水などを更新していきます。最新の情報はkindleアプリのライブラリを更新するか、再度kindleコンテンツから再ダンロードしますとできます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版

kindle unlimited会員の方は無料で読み放題です。


調香師が教えるアロマで香調別香水作り

調香師が教えるアロマで香調別香水作り。若々しい、爽快感、活発的なシトラスの香り、女性らしい、華やかなフローラルの香り、エレガント、洗練されたシプレーの香り、深み、上品なフゼアの香り、情熱、セクシーなオリエンタルな香りを作れます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版



kindle English Edition


調香師が教えるアロマで香水作り


調香師が教えるアロマで香水作り。 アロマで楽しく香りを作れるための技術を公開しています。 自分の好きなアロマをブレンドしていけば、きっと驚きと、香りの奥深さを味わえます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版

kindle unlimited会員の方は無料で読み放題です。

Members only page

ログイン

カテゴリー

アロマ・無料レシピ