カルダモン

アロマ名

カルダモン

原産国

インド
スリランカ

学名

Elettaria cardamomum

抽出部位

抽出法

水蒸気蒸留

香調

スパイシー

ノート

ミドルノート

香りの強さ

希釈率

10%
1%


カルダモンといえばカレーを思い出す人も多いのではないでしょうか。
そう、カルダモンはカレーを作る時にブレンドするスパイスの一つで、しょうが科の多年草です。
カレーと言えばインドやスリランカですが、カルダモンはインドやスリランカが原産で、袋状の種を乾燥させてそこからエキスを抽出します。
エジプト人はカルダモンをコーヒーとして味わう事もあり、多くの人に愛されているスパイスです。
もちろん、アロマオイルとしてもインドでも昔から愛用されており、アロマオイルの中ではスパイス系とかオリエンタル系と呼ばれていて、甘い香りが苦手な人にも支持されています。
香りはスパイシーな中にも柑橘系の爽やかな香りが残るのが特徴です。

・元気を呼ぶカルダモンの効能
カルダモンは無気力、無関心といった心を閉ざした人の気持ちを温める優しい癒しのアロマオイルになります。
癒しの他にもやはりそこはスパイス系のアロマオイルの特徴として、活力や元気を与える働きも持っています。
何か不安を抱えている時や、悩みがある時にモヤモヤとした気持ちを鎮めてくれる効果を持っています。
体への効能は様々な働きをもたらすとされており、特に整腸作用に優れています。
消化不良や腸内のガス溜まりの解消、胃痙攣にも効果的です。
また、それだけでなく食欲増進や疲労感をとる、体を温める作用も持っています。
消化器系の他にも呼吸器系にも優れた効果を持つとされ、風邪や花粉症の鼻水や喉の不調を和らげてくれます。

・スパイスだけじゃない色々な使い方
カルダモンは皮膚への刺激が強いアロマですから、直接肌につけることはおすすめしていません。
芳香浴や入浴の際に香りを楽しむ時に使う事はできますが、敏感肌やアレルギーを持つ人は気をつけて使いましょう。
また、妊娠中の初期は使用を控えなければなりません。
ブレンドであれば、デオドラントや関節痛を和らげるマッサージオイルとしてでも使う事ができます。
ブレンドは同じオリエンタル調かスパイス系の香りが相性は良く、カルダモンの強い香りに負けないアロマがおすすめです。
同じ柑橘系の香りのベルガモットやオレンジを使うと精神疲労や胃腸の弱さに効果的です。
また、オリエンタル調のイランイランや乳香と一緒に使えばセクシーな香りが楽しめます。
オリエンタル系の香りはユニセックスな香りで男女問わず人気ですから、今香水によく使われておりカルダモンが配合されているものは沢山あります。

香りにこだわる方へ

香りの知識、調香経験をもとに皆様のお役に立てる香水、シャンプーなどのいい香りでウキウキ、ドキドキする日常を願います。少しずつですがオススメの香り、レシピ、ニッチフレフランス、美しい香水瓶、最新の香水などを更新していきます。最新の情報はkindleアプリのライブラリを更新するか、再度kindleコンテンツから再ダンロードしますとできます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版

kindle unlimited会員の方は無料で読み放題です。


調香師が教えるアロマで香調別香水作り

調香師が教えるアロマで香調別香水作り。若々しい、爽快感、活発的なシトラスの香り、女性らしい、華やかなフローラルの香り、エレガント、洗練されたシプレーの香り、深み、上品なフゼアの香り、情熱、セクシーなオリエンタルな香りを作れます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版



kindle English Edition


調香師が教えるアロマで香水作り


調香師が教えるアロマで香水作り。 アロマで楽しく香りを作れるための技術を公開しています。 自分の好きなアロマをブレンドしていけば、きっと驚きと、香りの奥深さを味わえます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版

kindle unlimited会員の方は無料で読み放題です。

Members only page

ログイン

カテゴリー

アロマ・無料レシピ