アロマ名

チュベローズ

原産国

インド

学名

Polyanthes tuberosa

抽出部位

抽出法

溶剤抽出

香調

フローラル

ノート

ミドルノート

香りの強さ

希釈率

5%


ジャスミン、イランイラン、バニラをブレンドしたような甘く妖艶で魅惑的な香りです。ボリューム、高級感をあたえたいときにブレンドします。
チュベローズはヒガンバナ科の花から抽出された精油で、催淫効果があるため別名夜の女王と呼ばれています。バリ島などではウェルカムフラワーとしてベッドにまかれていたりします。

・夜の女王と呼ばれている高級な精油
チュベローズは非常に高価な精油で、500グラムの精油を作るのに1800キロもの花が必要になるのです。
香りはフローラルの甘い香りと妖艶でオリエンタルな香りが合わさった個性的な香りがします。
非常に高価な精油なので、単体で精油として使うよりもブレンドして香水として販売されていたりします。
心への作用は非常にリラックス効果が高いのが特徴で、いつも神経を使って仕事をしている方などに向いています。
リラックス効果も高いのですが、頭の中をクリアにする効果もあるため仕事中でも使える精油になります。
体への作用としては、消化器系や血液循環を良くしてくれる効果がありますから、体を温めてくれるので冷え性の方におすすめです。
チュベローズはイランイランと同様に催淫効果があるので、女性らしさを高めてくれる作用があります。
イランイランが独特な香りで、チュベローズの方がまだ香りとしては使いやすい面もあるので、こちらを選ぶ方も多くいます。
皮膚への効果は若返り、肌荒れを防いで保湿力を高める働きを持っています。

・非常に甘い香りなので少量使いが基本
チュベローズと相性が良いのはフローラル系とオリエンタル系の香りです。
かなり甘いので、爽やかさをプラスしたいならオレンジがおすすめです。
また、ここぞというときの夜のベッドサイドにネロリやジャスミンとブレンドすると良いでしょう。
チュベローズは刺激性がある精油ですから、あまり直接肌に塗る使い方はしません。
少量でも香りが強いので、低濃度で少量ずつ使う事をおすすめします。
妊娠中や授乳期には使えませんので注意しましょう。
また、低温で固まる性質があるのであまり低温での管理はしないようにします。
チュベローズは長期間の使用もできない精油になります。



香りにこだわる方へ

香りの知識、調香経験をもとに皆様のお役に立てる香水、シャンプーなどのいい香りでウキウキ、ドキドキする日常を願います。少しずつですがオススメの香り、レシピ、ニッチフレフランス、美しい香水瓶、最新の香水などを更新していきます。最新の情報はkindleアプリのライブラリを更新するか、再度kindleコンテンツから再ダンロードしますとできます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版

kindle unlimited会員の方は無料で読み放題です。


調香師が教えるアロマで香調別香水作り

調香師が教えるアロマで香調別香水作り。若々しい、爽快感、活発的なシトラスの香り、女性らしい、華やかなフローラルの香り、エレガント、洗練されたシプレーの香り、深み、上品なフゼアの香り、情熱、セクシーなオリエンタルな香りを作れます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版



kindle English Edition


調香師が教えるアロマで香水作り


調香師が教えるアロマで香水作り。 アロマで楽しく香りを作れるための技術を公開しています。 自分の好きなアロマをブレンドしていけば、きっと驚きと、香りの奥深さを味わえます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版

kindle unlimited会員の方は無料で読み放題です。

Members only page

ログイン

カテゴリー

アロマ・無料レシピ