ラバンジン

アロマ名

ラバンジン

原産国

フランス

学名

Lavandula hybrida

抽出部位

抽出法

水蒸気蒸留

香調

ハーバル

ノート

トップノート

香りの強さ

希釈率

10%


ラバンジンは、真正ラベンダーとスパイクラベンダーという種類を掛け合わせた精油になります。
ラベンダーと同様に様々な効果が期待できる精油です。

・様々な効果を持つ精油
ラバンジンはラベンダーの優しい香りにスッキリとした感じと、刺激的な香りを足したような精油になります。
ラベンダーの香りが苦手な人にも、ラバンジンだとシャープさが加わってこちらの香りの方が好みな人も多くいます。
心への作用については、ラベンダーがリラックス効果の高い精油に対して、ラバンジンはリラックスよりもリフレッシュ効果の方が高い精油になります。
頭の中のモヤモヤを鎮め、抗鬱効果も高い精油です。
仕事と仕事の合間の休憩時にリフレッシュとして使うのがおすすめです。
体への作用もラベンダーと同様に様々な効果があります。
ラバンジンは痛みの緩和に非常に特化しており、筋肉痛をはじめ、神経痛やリウマチ、頭痛や胃痛など多くの痛みをとる効果はラベンダーよりもまさっています。
抗炎症作用もあるため、呼吸がしんどい時や鼻水にも効果のある精油です。
スキンケアに関しては、火傷の緩和と殺菌作用によるニキビを治す効果があり、肌を綺麗にしてくれる作用に優れています。
虫さされや虫除けの効果も高く、水虫にも効いてくれるオールマイティな精油です。

・使いやすい精油ですが使い方には注意
ラバンジンはラベンダーと同様にどんな精油でもマッチする精油です。
柑橘系全般も合いますが、オリエンタル系にもマッチします。
オリエンタル系はジャスミン、柑橘系はオレンジと相性が良いでしょう。
同じ仲間のラベンダーと合わせても、筋肉疲労によく効くアロマオイルができます。
また、不眠効果をより高めたいのであればマジョラムと合わせるのがおすすめです。
ラバンジンは、ラベンダーと同じくどんな精油にも合いあまり、危険性もなく安心して使えますが、通経作用があるので妊娠中は使用を控えましょう。
また、敏感肌の人には刺激性があるため低濃度で使用する事をおすすめします。

ブレンド
ラベンダーよりも清潔感を与える香りで男性香水にブレンドされます。

香りにこだわる方へ

香りの知識、調香経験をもとに皆様のお役に立てる香水、シャンプーなどのいい香りでウキウキ、ドキドキする日常を願います。少しずつですがオススメの香り、レシピ、ニッチフレフランス、美しい香水瓶、最新の香水などを更新していきます。最新の情報はkindleアプリのライブラリを更新するか、再度kindleコンテンツから再ダンロードしますとできます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版

kindle unlimited会員の方は無料で読み放題です。


調香師が教えるアロマで香調別香水作り

調香師が教えるアロマで香調別香水作り。若々しい、爽快感、活発的なシトラスの香り、女性らしい、華やかなフローラルの香り、エレガント、洗練されたシプレーの香り、深み、上品なフゼアの香り、情熱、セクシーなオリエンタルな香りを作れます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版



kindle English Edition


調香師が教えるアロマで香水作り


調香師が教えるアロマで香水作り。 アロマで楽しく香りを作れるための技術を公開しています。 自分の好きなアロマをブレンドしていけば、きっと驚きと、香りの奥深さを味わえます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版

kindle unlimited会員の方は無料で読み放題です。

Members only page

ログイン

カテゴリー

アロマ・無料レシピ