アロマ名

サフラン

原産国

インド
イラン

学名

Crocus sativus

抽出部位

溶剤抽出

抽出法

種子

香調

スパイシー

ノート

ミドルノート

香りの強さ

希釈率

1%


サフラン精油の原産地はギリシア、アジアで作られ、あの有名なクレオパトラの化粧品にも使われていたとても貴重な精油でもあります。
近年ではこのことからサフラン精油は多くの化粧品、香水、染料、料理などに使用されています。
そんな古代から利用されていたサフラン精油をご紹介します。

・サフラン精油とは
サフランはアヤメ科一種で、原産地であるヨーロッパで地中海地方に生息しています。
サフラン精油はとても独特のある香りで水に溶かすと綺麗な黄色に変わります。
カレーのごはんなどにサフランを使用していることで知られるサフランですが、主に香辛料として用いられます。
特にパエリア、ミラノ風ドリア、ブイヤベースなどの料理にはサフランは外せません。
しかし料理に使われるサフランは、その美貌で有名なクレオパトラの化粧品にサフランが入っていたと伝えられています。
またサフラン精油は非常に希少価値が高いのでとても高級な香水に活用されています。
そして薬用としての利用もできるので、沈静、鎮系、止血などにも有効的なのだそうです。

・サフラン精油の効能とは
サフラン精油は心のバランスを保ち、気持ちを落ち着かせてくれたり心を若々しくする効果があります。
女性の場合、生理痛や生理不順、更年期、不妊症などの症状にもよく効くと言われています。
生理不順や生理痛など女性が1月ごとにやってくる辛い症状を穏和することができるので、アロマテラピーやアロマポットを利用して心からリラックスさせると良いでしょう。
しかし子宮にはやや刺激が強いサフラン精油は特に授乳中の女性や妊婦さんはなるべく使用を控えた方がよいでしょう。
またうつ病、神経痛などの精神的な病にも効果を発揮するので気持ちを前向きにしてくれるのです。
そしてサフラン精油は中国漢方として利用されていることも有名で、蔵紅花と呼ばれる薬用のハーブとしても売られています。
サフランには、女性特有の症状の特効薬としても有名で、更年期障害、月経痛、月経不順、循環器系疾患などの治療に利用されています。




香りにこだわる方へ

香りの知識、調香経験をもとに皆様のお役に立てる香水、シャンプーなどのいい香りでウキウキ、ドキドキする日常を願います。少しずつですがオススメの香り、レシピ、ニッチフレフランス、美しい香水瓶、最新の香水などを更新していきます。最新の情報はkindleアプリのライブラリを更新するか、再度kindleコンテンツから再ダンロードしますとできます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版

kindle unlimited会員の方は無料で読み放題です。


調香師が教えるアロマで香調別香水作り

調香師が教えるアロマで香調別香水作り。若々しい、爽快感、活発的なシトラスの香り、女性らしい、華やかなフローラルの香り、エレガント、洗練されたシプレーの香り、深み、上品なフゼアの香り、情熱、セクシーなオリエンタルな香りを作れます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版



kindle English Edition


調香師が教えるアロマで香水作り


調香師が教えるアロマで香水作り。 アロマで楽しく香りを作れるための技術を公開しています。 自分の好きなアロマをブレンドしていけば、きっと驚きと、香りの奥深さを味わえます。
購入先はこちらから
kindle 日本語版

kindle unlimited会員の方は無料で読み放題です。

Members only page

ログイン

カテゴリー

アロマ・無料レシピ